1. 砥石コンシェルジュTOP
  2. 事例
  3. 鋼製船の改造修理船体外板部再塗装の下地処理

鋼製船の改造修理船体外板部再塗装の下地処理

ページ番号 496 小径サイズはこちら ?

  • 塗装前の下地処理
  • アルミニウム
  • ステンレス鋼(SUS)
  • 一般鋼(SS)
  • 鋳鉄
  • 造船
  • 目詰まり
  • フレキシブル
  • 繊細・丁寧
画像はイメージです
画像はイメージです
画像はイメージです
画像はイメージです
画像はイメージです
画像はイメージです

オススメ製品はこれ!!

再塗装の下地処理では、塗装の剥離が必要ですが、目詰まりを起こしにくい製品がお勧めです。仕上がり重視ならサンドホイル、研削力重視ならファインタッチで目詰まりが少ないCタイプがおすすめです。

サンドホイル

売れ筋

推奨品 : サンドホイル 180x2x22 #24
(品番 : SDW1802-24)

推奨理由

外径は、お使いのグライダーによってお選びいただけます。粒度は、もっとも研削力のある番手#24がおすすめです。

※推奨品番に記載されたサンプル以外のサイズや粒度も、請求ボタンから請求することができます。

サイズ100mm / 125mm / 150mm / 180mm

サンプル請求

ファインタッチ

推奨品 : ファインタッチ 180x3x22 C24G
(品番 : FT1803C24G)

推奨理由

アルミの研削には、目詰まりの少ないC砥粒を使用しているC24Gがおすすめです。こちらの品番のみ硬度がございます。(硬度G)C24Gは、外径180㎜の1品番のみとなります。

※推奨品番に記載されたサンプル以外のサイズや粒度も、請求ボタンから請求することができます。

サイズ100mm / 125mm / 150mm / 180mm

サンプル請求

砥石コンシェルジュTOPへ

お問い合わせ

製品の品番から使用方法まで、お気軽にご相談ください。